転職

転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

投稿日:

仕事を変わる時に行われるの面接では、転職の理由によっては合否を分けることになります。大抵の企業は、転職希望者に対して、もとの仕事内容や、退職を決めるまでの事情などを尋ねてくるものです。転職に至った理由こそが志望動機にも繋がるため、この質問に対しては明確な答えを持っておかなければなりません。転職理由はこれが正解だというものは無く、それこそ人によって異なるものなので、何通りもあります。今の仕事に不満を持つようになったきっかけは、人づきあいだったり、仕事内容だったり、給与や休日日数だったりします。転職の理由は、言い方を間違うと、相手によくない印象を与えてしまいますので、用心してください。転職活動中の面接の時に質問される志望動機として、言ってはいけないとされていることがあります。基本的に、人との関係性が理由で転職に至ったという話はしないほうがいいようです。次の会社でも同じような状況になれば、再び退職することになる可能性が高いと判断されて、採用には結びつきにくくなります。給料等の福利厚生に対する不満については、もっと条件の良い仕事が見つかったら辞めるのではないかと思われるので、あまり良い理由ではありません。面接を受ける時は、事実とのズレが大きなことは言わないほうがいいですが、相手の印象を悪くするようなことは言わないほうが無難です。今の職場を悪く言うよりは、今後の展望を語るほうに軸足を置いて希望動機を語るよう心がけることが、転職活動では重要になります。

新たな仕事を求めて転職するときには年齢も考慮する

いまの仕事を辞めて新たな職場を求めて転職する場合は、自分の年齢を十分に考えておくことが大切です。何歳の人が面接を受けに来たかは、会社サイドからしても重要な部分であり、ないがしろにはできません。年齢は、どの会社でも関心を持っている部分であり、採用の可否を左右する要素になります。経済情勢の変化や、求人倍率の上昇などの話がありますが、どういう人が採用されやすいかは、大体同じようなものです。成長著しい企業でも、それなりの企業だとしても、新しい人材を採用する時には、十分な吟味をするものです。日本の景気が上向いていた時代は、まとめて採用するような企業も珍しくありませんでしたが、最近は求人数も抑え気味です。ここ数年は有効求人倍率も上昇傾向にありますが、一昔前のような大人数の採用は無くなり、人の流動化が少し鈍ってきています。転職希望者を採用する時には、まとまった人数を雇用する形にはなりませんので、その人その人ができることに関心を向けることになります。採用された人に対しては、できるだけ早く会社のやり方に馴染み、会社を支える戦力になってくれることが、要求されるという場面が増えています。年齢に応じた能力を持っていることを期待して、新たに人を採用するという企業は珍しくはありません。会社が期待した通りの能力がある人ならトラブルにはなりませんが、そうでない場合は、どう対応するかが重要になってきます。転職をする時には、自分自身の年齢や、職歴を含めて、どんな仕事ができるのかを見極めることが重要になります。

 

-転職

執筆者:

関連記事

no image

転職するのに資格があると有利になるのか

資格を取得しておいたほうが、転職がうまくいくかについて検討したことはありますか。転職経験者に話を聞いてみると、会社側の要請ではなく、自分自身の判断で会社を退職している人が大半を占めています。働いている …