転職

転職するのに資格があると有利になるのか

投稿日:

資格を取得しておいたほうが、転職がうまくいくかについて検討したことはありますか。転職経験者に話を聞いてみると、会社側の要請ではなく、自分自身の判断で会社を退職している人が大半を占めています。働いている会社を辞めて、転職することを考えた経緯は何でしょうか。何を理由にして会社にいたくないと思うようになるかは個人差があり、人づきあいや、職務内容、給与などが挙げられます。人と人との関係性や、仕事の内容については、新しい会社にいっても同様のトラブルが起きる可能性がありますので、対処ができないこともあります。労働時間や、報酬に関しては下調べである程度はわかりますので、対応できます。給料については、実務経験や、資格によって手当がプラスされることもありますので、この機会に資格を取るのもいいでしょう。経験がない人でも応募可能な求人だと、大勢の人が応募する可能性があって、倍率もアップします。有効求人倍率が上昇傾向になる中で、転職しやすくなってきていはいるものの、すべての人が採用になる訳ではありません。経験がない人でも採用している企業でも、十分な経験を積んでいる人や、有用な資格を持っている人なら、評価も高くなりがちです。既に資格を持っている人や、実績を持っている人なら、人材教育にかかる費用を減らすことができます。人材育成費用が少なく済めばいいと考えてる企業は多いですから、最初から資格を持っている人のほうが転職活動はやりやすくなるでしょう。

転職を有利に進めるために資格取得を考える

今の会社を退職して、新しく転職先を見つけるためには、転職活動を効率的に行うことが重要になりす。転職活動をして無事採用を得るために出来ることは、面接の練習や履歴書の見直しをすることだけではありません。転職活動を始める前に、転職に役立つ資格をとっておくことで、採用される可能性を高めておくことができるようになります。どのような資格を取るかを決める際は、まず自分の志望する仕事に活かせるものは何かを考えましょう。仕事に役立つ資格のほかにも、資格がなければ仕事が出来ないような職種もあります。資格必須の仕事であれば、その資格を取得することで採用選考の際に有利になるのは言うまでもありません。転職を成功させるためには、会社に対する有効なアピールになるような資格を取っておくことはプラスになりますので、ぜひ実戦してください。資格の中には難易度が高いので、独学では効率が悪くなるため、専門学校などに通って勉強して取得する人も少なくありません。資格をとるために専門学校に通う場合は、学費や時間が相当いることになりますが、それだけに資格がとれれば転職がしやすくなります。働きながら転職の準備をする場合には、仕事と勉強を両立できるのかを考えなくてはなりません。可能であれば仕事を辞めて資格取得のための時間を確保してから、転職活動を行うという手段もあります。どのようにして資格の取得や転職の準備を進めていくかは、自分の都合に合わせて計画的に進めていかなければなりません。

資格が無くても転職するためのポイント

転職活動をするときに資格があると有利に進められることは一般的な常識となっています。資格が必要な仕事もありますので、資格があるほど転職時の選択肢を広げることができます。難関資格の中には、専門学校に通ったり、長い時間を勉強に費やしたりして、かなりの労力が求められることがあります。仕事につくまえに資格を取得しておくことができないので、今持っている資格だけで転職をせざるほ得ない場合もあります。このような場合はやはり、資格がある人と比較すると不利になりやすいのですが、策が全く無いということでもありません。転職を成功させるためには心得ておいたほうがいいことが幾つか存在しています。まずポイントとなっているのが職務経験であり、同じ業種や職種内で転職をする場合は、資格のありなしだけではなく職務経験が重要視される事があります。現場でしか得られないような知識や経験を持っていて、第一線で仕事ができることを、面接の場では全面に押し出すという方法もあります。過去の経験を通じて、これまで自分がしてきたことを相手に訴えるという方針になります。様々な業種がありますので、自分自身が培ってきた技術や実績がどの業種で活用しやすいのかをチョイスすることが第一歩になります。資格が無くても、面接時に必要な資格に関しての質問をした上で、入社後に資格を取得する意志があることをアピールするのもひとつの方法です。もしも、転職をするまで時間の空白があるなら、しばらく派遣社員として仕事をしながら、まずは資格を取ってしまうというやり方もあります。

-転職

執筆者:

関連記事

no image

転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

仕事を変わる時に行われるの面接では、転職の理由によっては合否を分けることになります。大抵の企業は、転職希望者に対して、もとの仕事内容や、退職を決めるまでの事情などを尋ねてくるものです。転職に至った理由 …